ホルモン分泌の乱れによる発汗障害

10代女性の患者さまのご紹介です。

 

ホルモン分泌の乱れから汗が出なかったり、手足の冷えがきつかったり

ということで、お母さんと一緒に来院されました。

 

10代女性/自律神経の乱れ、発汗障害、冷え症

 

学校で授業を受けている時も、カイロを腰にあてている状態だったそうです。

 

汗の調整や、体温の調整などは自律神経の役割ですね。

 

自律神経の働きがうまくいかないと、このように汗が出にくくなったり冷え症になったりといった症状が出てきます。

 

また、逆の場合もありますね。

汗が異常に噴き出てきたり、身体がほてってきたりします。

 

この患者さまの場合は、DRT(背骨揺らし)整体と鍼治療で自律神経の乱れを整えるための施術を行いました。

 

6回ほど治療したところで通常通りに戻って、気にならなくなったそうです。

 

もうすぐ運動会があるそうです。

練習頑張ってください!

 

※施術効果には個人差があります。

 

■著者

慢性痛の根本改善アドバイザー 高瀬昌紀

高瀬整体院・鍼灸院 院長:施術実績50000人以上

■所有国家資格

柔道整復師:登録番号 第56442号・はり師:登録番号 第152351号・きゅう師:登録番号 第152068号