80代男性/左殿部と股関節の痛み

80代男性の患者様です。

 

毎日散歩をされているそうですが、歩いていると左の殿部から股関節のあたりに鈍痛が出てくるそうです。

 

今は30分ほどですが、もっと多く歩けるようになりたいということで来院されました。

 

80代男性/左殿部と股関節の痛み01

 

施術前、後ろから姿勢を見てみると、右に左にゆがんでいますね。

 

施術後はまっすぐになってきています。

 

80代男性/左殿部と股関節の痛み02

 

今度は横からの姿勢です。

かなり前傾していますね。

 

この状態では歩いていてもお尻の筋肉やふくらはぎに負担がかかってしまします。

実際、ふくらはぎの筋肉をチェックするとカチカチになっていました。

 

施術後はまだ曲がっているのですが、最初よりは大分ましですね。

 

この患者さまはDRT(背骨揺らし)整体と骨格矯正で姿勢改善をしながら、お家でも筋トレやストレッチなどを少しづつやっていただきました。

 

頑張った結果、6ヶ月後には痛みなく最後まで歩けるようになりました。

 

姿勢を維持するための筋力をつけるには時間がかかりますので、継続する努力が必要になってきます。

 

もともと毎日、歩いているくらい運動には熱心な方ですが、

80代になっても、それだけ続けられる気力は素晴らしいと思います。

 

※施術効果には個人差があります。