60代女性/腰部脊柱管狭窄症、左殿部~足の激痛

60代女性の患者さまから喜びの声をいただきました。

 

1ヶ月前、急に左殿部から足首までが痛くなったそうです。

かなり痛みがきつく、足を引きずりながらの来院でした。

 

60代女性/左殿部の痛み

 

◆高瀬鍼灸整骨院にご来院いただく前は、どんな症状でお悩みでしたか?

最初は、左足のお尻から足首まで激痛があり、歩くのがつらいほどでした。

整形外科で腰部脊柱管狭窄症と言われました。

 

◆施術を受けてみて、どのような変化がありましたか?

最初の頃はあまり変化がありませんでしたが、回数を重ねるごとに少しづつ変化が見られ、だんだんと痛みも軽くなりました。

今では趣味の卓球もできるくらいになり、とても嬉しいです。

 

◆施術を受けた感想や、同じ悩みを抱える方へメッセージをお願いします。

痛みが出た時はがまんせずに、軽いうちに施術をしていただけると回数も早くなると思います。

 

 

いつも楽しみにしていた卓球ができないのはつらいですよね。

 

この患者さまは、10回ほどの治療で卓球ができるほどに回復されました。

 

脊柱管狭窄症は、なかなか治りにくいものですが

背骨の動きや周りの筋肉の柔軟性などが取り戻せれば、このように回復されることもあります。

 

症状に応じた体操や歩行訓練など、ご本人の地道な努力も必要になるのですが、この方の卓球に復帰したい思いが回復を早めたのかもしれませんね、

 

※施術効果には個人差があります。